1/144 ドイツ軍 Sd.Kfz.234/2 8輪重装甲車 プーマ 原型製作記 ~その1~

ドイツ軍の251ハーフトラック、38(t)戦車と描いて参りまして、次作に何にしようかと考えておりますが、次は履帯の無い装輪装甲車を描くことに致しました。自衛隊にも装備されたブッシュマスターを少しだけCADで描き始めたのもあったのですが、次作は、やはりドイツ軍の8輪重装甲車に致しました。234/2 のプーマに致しました。

234_2_20170116-1.jpg

手始めにボディとフェンダーの各面図を描きました。一旦、こちらを下絵にした3Dオブジェクトを描いた後、各面図にディテールを描き込んでいく作業に再び戻りたいと思います。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 ドイツ軍 38(t)戦車B型 原型製作記 ~その11~

1/144 38(t)戦車B型のランナー設計ができまして、原型製作記も最終回となりました。部品点数は、9点となりました。

38tB_20171014-1.png

当初より、機銃のパーツを別パーツで考えていたのですが、ランナー設計の途中で考えが変わりまして、各々、車体と砲塔とに一体設計で出力してみることに致しました。3Dプリントキットは、積層痕やサポート材のことを考えて設計をしないといけないのですが、どうも最近、思ったよりきれいに納品してくれている感じなので、思い切って一体成型に致しました。考えようによっては、繊細なパーツを壊さないように神経を使ってランナーから切り取って接着するよりも、サポート材の粉塵を掃除して表面処理する方が手間がかからないかな、と思いましたためです。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 ドイツ軍 38(t)戦車B型 原型製作記 ~その10~

1/144 38(t)戦車B型の原型データの作図も、いよいよ終盤となってきました。車体と砲塔のリベット一式が描けました。38(t)戦車は型式の発展の過程で、鋲接構造よりも溶接構造の比率が高まっていきますが、最終型式のG型でも、砲塔だけは鋲接構造のままでして、38(t)戦車を印象づける顔の部分と言えるかもしれません。

38tB_20170113-1.jpg

38tB_20170113-2.jpg

リベットの作図の途中で、砲塔後部の張り出した部分の高さが違っていたので、修正を加えました。また機関部のルーバーの大きさも違っていることに気が付きまして、こちらも修正を加えています。シェル化した後に全体のフォルムにかかわる修正が出ると、修正作業が大変、手間のかかるものになってしまいますが、全体のイメージにかかわるところなので、いったんリベットは置いといて修正作業をすることに致しました。実は、どちらも、うっすら印象が違うかな、と感じていたところなのですが、もっと設計の初期段階で是正しておくべきでした。でも、3Dプリントを出稿する前に気が付いてよかったです。。。(さすがにリベットを打とうと思ったところに下地が無かった時には焦りました。)

リベットの数は、優先順位をつけてある程度間引こうと当初考えていたのですが、結局、ほとんどのリベットを作図してしまいました。ファイル容量はKEDARAHAのラインナップの中で破格にでかいです。ここまでのCAD製図は、私のPC環境でなんとかやってこれたので、3Dプリントはリベットマックスの仕様で出稿してみたいと思っています。3Dプリントキットの量産まで、この仕様で可能かどうかは、これから検証したいと思います。

この後は、ブーリアン演算で細かな部品を結合してパーツ割りをした後、ランナー設計を行いたいと思います。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 ドイツ軍 38(t)戦車B型 原型製作記 ~その9~

1/144 38(t)戦車B型の原型データを引き続き描いております。OVM類がひととおり描けたところです。スコップとつるはしの位置は、いろいろ考えて HOBBY BOSS社の1/35のキットを参考にして、車体の左側面に取り付ける設定に致しました。ちなみに車体後部のマフラーの真下に取り付いている図面もございます。

38tB_20170110-1.jpg

なにげに、車体の貼視孔を描き忘れていたので描き足しました。あらためて、38(t)戦車の車体の貼視孔は左右で大きさが違うことが分かりまして、そのように表現しております。操縦手側(左側面側)の方が小さくなっています。

この後は、いよいよリベットを植えていきます。ファイル容量が既にIII号戦車よりも重たくなっていたりしてするので、ファイル容量のバランスを見ながら、優先順位をつけて描いていきたいと思っております。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 ドイツ軍 38(t)戦車B型 原型製作記 ~その8~

1/144 38(t)戦車B型の履帯、ホイール、サスペンションが描けて、足回りのパーツが一通り揃いました。履帯を描くと一気にファイル容量が大きくなり、38(t)戦車の原型データの作図も佳境に入ってきた感じです。

38tB_20170109-1.jpg

38(t)戦車系列の履帯はフランジが二重になっていますが、フランジを起動輪・誘導輪に対しては内側、転輪に対しては外側に現れるような前後関係で1/144スケールでそのまま描くと、それぞれのパーツを非常に薄いものにしなければならないのですが、組み立て中に壊れることのないよう、それぞれのパーツに必要な厚みを持たせつつ、多少、だまし絵的にディテールを描き込んでいます。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

通信販売はこちらから!
KEDARAHAバナー DAMEYA-NET様のページにリンクしています。
ツイートまとめ
KEDARAHAオリジナル商品
【1/144 3Dプリントキットシリーズ】
No.1 ドイツ軍 III号戦車M型
No.2 ドイツ軍 Flak41 88mm高射砲
No.3 タトラT-18 装甲トロッコ
No.4 ドイツ軍 III号戦車J型42口径
No.5 ドイツ軍 ツェッペリン装甲軌道車
No.6 ドイツ軍 III号戦車L型
No.7 ドイツ軍 III号戦車N型(L型ベース)
No.8 ドイツ軍 スタイヤーK2670軽装甲軌道車(角型ベンチレーター)
No.9 ドイツ軍 スタイヤーK2670軽装甲軌道車(丸型ベンチレーター)
No.10 ドイツ軍 Fu MG39 ウルツブルグ・レーダー
No.11 ソ連軍 SU-76i 76.2mm自走砲
No.12 ソ連軍 SU-76i 76.2mm自走砲 指揮車型
No.13 ソ連軍 ZhDT-3 鉄道魚雷 6発セット

【1/144 3Dプリントキット アフターパーツ シリーズ】
No.1 ドイツ軍 III号戦車用防盾(L型・M型用)
No.2 ドイツ軍 III号戦車ヴィンターケッテ(冬季用幅広履帯)セット(J型、L型他用[脱出口有りの型式])
No.3 ドイツ軍 III号戦車ヴィンターケッテ(冬季用幅広履帯)セット(M型、N型用[脱出口有りの型式])
プロフィール

KEDARAHA

Author:KEDARAHA
 3DCAD(AutoCAD)で作図して3Dプリンターで立体物を造形するデジタル原型師です。
 KEDARAHAのディーラー名で、主に1/144スケールの戦車やドライジーネのガレージキットを販売しています。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR